飛蚊症 サプリ

飛蚊症 サプリ

飛蚊症の主な原因は老化です。肌や体の細胞が錆びつくのと同じように目の細胞も錆びついて症状が引き起こされます。目の前にゴミくずのようなものが見えるのは、硝子体が変質したり古くなった細胞が溜まってしまうからであり、なぜ硝子体に異変が起こるのかというと目の中で発生する活性酸素が関与しています。活性酸素は酸化させる働きが非常に強く、増え過ぎると様々な病気を引き起こしますし、老化の原因にもなります。適度な量なら細菌を駆除したり細胞を保護する役割を果たしてくれますので有効だと言えるのですが、増え過ぎてしまうと厄介です。若いうちは活性酸素が発生しても、それを分解するための酵素が分泌されますので症状は起こらないのですが、歳を重ねるにつれてこの酵素が減少してしまって飛蚊症になる人が増加します。
一度なってしまうと、未だ効果的な治療法は確立されていませんので対処療法を行っていくことを考えなければなりません。対策として重要なのは活性酸素をこれ以上発生させないようにすることなのですが、これは目を酷使したり紫外線を浴びたりするのを気をつければ発生量を抑えることができます。対策としてもう一つ考えなければならないのが必要な栄養素を効率良く摂取することです。そこで取り入れたいのが抗酸化作用に優れたルテインであり、活性酸素の働きを抑制して目をダメージから守ってくれます。現在、既に多くの人が飛蚊症対策にルテインを活用しており、その効果は実証されています。
ルテインは元々目の中に存在する若返り成分であり、坑酸化作用によって目の働きを活性化させて正常な状態へと近づけることができます。活性酸素が原因の病気には他にも白内障や緑内障、黄斑変性症などがあるのですが、それらのリスクも低下させることができます。飛蚊症の症状が既に表れている場合でも大幅な改善が期待できる成分ですので、積極的に摂取していくことが大切です。
ルテインは食事からでも摂取できますが、毎日決められた量をクリアするのはなかなか難しいことです。そんな時に利用したいのがサプリであり、足りない分はサプリで補う習慣を作ると良いようです。摂取量の目安として、予防のためなら1日あたり6mgを、症状の改善のためなら12〜15mgを摂るのが良いとされています。ルテインは体内で作ることができませんので、外側から補わなければなりません。脂溶性で吸収されにくい性質ですので、これより少し多めに摂っても問題はありません。